読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのねノート

せんせいあのね、パソコンで字が書けるようになったよ

劇団愉快犯の冬公演を観に行きました

読んだり見たり聞いたり

1回生の時ずっと観に行きたかったけど行けなくて、2回生の春に新歓公演を観て好きになったのですがそのあとも行けなくて(NF公演観たかったなあ)、今回やっと2回目観にいけました!

今日は京都マラソンということで、いつもはすぐ行ける会場にたどり着くのに苦労しましたが、なんとかたどりつくことができました。

開演前に偏見プレゼンというのがあって、「なぜオタサーの姫はバレンタインにモロゾフを贈るのか」というテーマでプレゼンがありました。よく考えたらなんでこんなことをまじめに話しているんだろうという感じなのですが、聞き入ってしまったし、深く納得しそうになりました。オタクと姫の関係を鎌倉幕府の御恩と奉公に例えるところがとても好きです。

本編は「ティータイム」という題名で、ケーキ屋さんに居合わせた変な人たちがしっちゃかめっちゃかしてる感じなのですが、最初突っ込みどころだらけで謎だらけだった登場人物たちの謎が話が進むにつれて解けていくんだけど謎が解けたところで結局突っ込みどころだらけっていうのが最高におもしろかったです。最後のオチで、笑ったと同時になんだかとってもしあわせな気持ちになりました。

女の子がケーキをおいしそうに食べるので、わたしも甘いものが食べたくなって、帰ってからコーヒーと一緒にお菓子を食べつつこの感想を書いています。本当によかったです。また絶対劇団愉快犯の公演観にいきたいと思いました!

思いつくまま感想を書いてるのでなんだか乱文になってしまった。日曜の昼に素敵なティータイムが過ごせてよかったです♪