読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのねノート

せんせいあのね、パソコンで字が書けるようになったよ

キャラの濃いインドカレー屋さんに行きました

ごはん

今日はうちの大学の入試だったので最寄駅がすごく混んでいました。それを尻目にバイトに出勤して、一日働いて帰ってきたらあまりにおなかがすいてしまったので駅前のカレー屋さんに飛び込んでみました。

手作り感あふれる塗りの階段を上がるとお店の入り口で、ドアを開けるとほかにお客さんがいなくて、厨房に1人、奥の座席に1人お店の人(インド人)がいました。奥ではNHKのニュースが流れていて、アメリカ大統領選の話をしていました。手前にカウンターがあったのですが、奥の人が「こっちどうぞ~」と言ってテーブルを指さしてくれたのでそっちに行きました。

しばらく奥の人と一緒にアメリカ大統領選のニュースを眺めたあと、メニューを開くと、予想以上に片言のメニューでこれはいい意味でやばいお店かもしれないと思いました。今度来るならだれかと一緒に来ようと決心しました。

980円のチキンマサラを頼もうとしたら、「チキンマサラ頼むならこっちのバターチキン(1080円)の方がおすすめだよ~こっちのほうが味がいいよ~」と勧められたのでバターチキンにしました。しれっと100円上がったぞ笑 「ごはんかナンがつくよ~まあナンにするよね!」と言ってくれたので全く同感と思いながらナンにしました。

テレビからはトランプ候補の支持者のインタビューが流れていて、「移民してくるならアメリカ人になってよ!英語しゃべれ!」と言っていたのでぼんやり聞きながら待っているとこんな感じのが来ました。いいにおい

f:id:momo_moemoe:20160225202326j:image
「ゆっくり食べてね~ナンは手で食べるんだよ~あとナイフとフォークもあるよ~」と言って置いてくれました。いただきます!
この周りにもインドカレー屋さんは多くて、もちもちして甘いナンが名物なのですが、このお店のは少し違って、ちょっとパリッとしてあっさりした感じでした。これはこれでなかなかおいしくて、新鮮でした。
「甘口?普通?」と聞かれて普通を頼んだのですが、いい感じに辛めだったので辛いのがちょっと弱いなって人は甘口にしたほうがいいと思いました。
奥の席で一緒にテレビを見ていた人はカレーを持って来てくれたあとは厨房でもう1人のインド人店員さんと向こうの言葉で話していたのですが、ときどきてくてく歩いてきて話しかけてきてくれます。
 
「辛さどう~?」「ちょうどいいです!おいしい~」「そう~ありがとう~(手を合わせながら)」と言ってくれたのはまあわかる。
カレーをもぐもぐ食べていると8時になってNHKニュースが終わり、時代劇になりました。するとまたてくてく歩いてきて科捜研の女に変えてました。ナンをちぎりながら科捜研の女見てる光景はなかなかシュールだったと思います。
続いて「お姉さんどこ出身?」と聞かれたので「兵庫県です!」と答えたら「お~兵庫!兵庫は大きいねえ~」と言われたので「大きいですね~笑」と答えていると、「神戸、明石、尼崎、加古川…」と言ってくれてこの人えらい兵庫県詳しいなと思いました。「兵庫県のどこ出身?」と聞かれたので「○○(神戸近郊の町)です」と答えると、「それ大阪の方が近いやん!そんな兵庫とかわかりにくいこと言わんくても~」と言われちゃいました。だって大阪じゃなくて兵庫なんだもん…

 

そんなことを言いつつカレーを食べ終わってお勘定しにレジに行きました。レジはラインストーンでさしずめ少し前にはやったデコ電のごとくきらっきらに光り輝いていました。ピンクがまぶしいぜ!

ちょうどイギリスの国旗が描かれたカバンを持っていたので、それを見て「おおイギリスのカバン!イギリス行ったことあるの?」と聞いてくれました。行ったことないですと答えると「イギリスね~、インド料理おいしいよ!イギリスのインド料理おいしい!」と言われました。イギリスではインド料理を食べるべきっぽいです。なるほどな。ちなみに「日本で一番のインド料理はうちやけど!」だそうです。

「来てくれてありがとう(手を合わせる)、今度はみんな連れてきてみんなで食べてね(また手を合わせる)、とりあえず今回はありがとう(手を合わせる)」と見送られました。

なんかいろいろとおもしろかったのでここでオフ会してみたいとか思ったりしました。誰か一緒に来てください。

tabelog.com