読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのねノート

せんせいあのね、パソコンで字が書けるようになったよ

手話は言語なのか

メモ
サークルの人がときどきそういう話をするので考えてみたのですが、難しいです。
点字なら文字と一対一対応してるので言語ではなく文字の一種と言えます。
サークルの人の話を聞いている限り、日本の手話は大きく分けて日本手話と日本語対応手話の2つだとざっくり言えるみたいです(方言もあるのでもう少し細かく分かれたりもするっぽい)。
日本語対応手話は、普通の日本語の語順に対応させて手話単語を表していく感じなので、言語は日本語、表現方法が手話という感じだと思います。つまりこちらは言語とは言えなくて、文字や音声といった表現方法のくくりになりそうです。
しかし日本手話は独特の文法を持つようです。例えば、「今日食べたもの」と言うときに「今日/食べた/何」というふうに表します。英語だと「what I ate」って感じでwhatが入るのと同じようなイメージみたいです。見て分かりやすいように文法が独自の進化を遂げたと言えるでしょう。これは日本語とは違う独自の言語と言えるのでしょうか。
文法が違うと異なる言語だと考えるなら手話は独立した言語かもしれません。
でも日本語の手話、英語の手話というふうに○○語の手話という感じで国ごとにも変わってきます。こう考えるとむしろそれぞれの国の方言みたいに考える方がしっくりくる気もします。
とりあえず奥が深いなあとしみじみ思いました。