読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのねノート

せんせいあのね、パソコンで字が書けるようになったよ

久しぶりにバリバラを見ました

昨日は用事があるつもりでバイトを外したら用事がなくなってしまったので、家でのんびりしていて、夜になって初めて「あれ、わたし家から一歩も出てない…?」と気づいたりしました。
一日家にいたのでごはんを食べながら録画していた相棒を消化していたのですが、食べ終わってふとチャンネルを回すとEテレでバリバラをやっていたのでつい見入ってしまいました。
バリバラ、確か前は金曜か土曜だったと思うのですが、日曜夜にお引っ越しした初回だったようです。前もけっこう好きで時々見ていたので久しぶりに見るかと思いテレビの前に座りました。
テーマはセクシャルマイノリティのことでした。LGBTの人たちの対談が流れていて、多数派の人たちは少数派の人のことがよくわからないからネタにしてしまうみたいな傾向があるよなあと思いました。レズビアンの方に「男のよさがわからないから女に走るんだよ、俺と付き合ってみない?」みたいなことを言うストレート男性がいるらしくて、それに対して「その理論が成り立つなら世のストレート女性に女のよさをわからせてわたしたちになびかせるわよ」って言ってるレズビアンの方がかっこよかったです。あとゲイは汚くてレズビアンはきれいみたいなの変だよねって言ってて、ネットでよく見る考えだけど確かに変だよなって思いました。
バリバラは障害者の悩みとか日常とかをほんと赤裸々に見せる番組なのですが、ともすれば重い内容になりがちなこともさらっと見やすくしていて、いろんな人に見てほしいなと思います。赤裸々すぎてたまに見ているのがつらくなることもあるのですが、そういうことも目を背けずに見るべきなのだろうなとも思ったりします。
バリバラを見ていると「障害者は自分とは違う」という考え方がなくなるような気がわたしにはしています。わからないけど。
ちなみにバリバラのあとはみんなの手話→手話ニュースと続きます。みてね。
最近テレビっ子に戻りつつある気がします。たまにはいいのかしら。