あのねノート

せんせいあのね、パソコンで字が書けるようになったよ

試験が終わりました

まだ実験の最終課題を終えていないので春休みには入れないのですが、試験が終わったので軽く振り返ります。

  • マルチメディア:正直範囲も量も多いので、持ち込み可にしてほしい科目ベスト5ぐらいには入ると思いました。過去問の解答を作ったり先生が用意してくれた演習問題を解いてみたりして準備したのですが、なんか思ってたのと少し違う感じだったので対策足りなかったな~という感じ。資料内の用語の自分なりの説明を作っておくのがいい対策になりそうです。
  • HI:これも資料が多いのですが、先生が最終回で言ってくれた範囲に絞って該当の過去問を解くとしあわせになれるなあと思いました。
  • 集積システム:来年はなくなる科目。カンペ持ち込み可がありがたかったです。でも一部予想と違うところが出たのであああああって叫びました。
  • A1:複素微積分の科目でした。演習を解いておけば割とテスト対策になるし平常点にも入るし優しい…演習がどれぐらいの点数になっているかが鍵という感じ。
  • 応用代数学:去年単位取得済みの友人たちから、講義ノートの証明とか例題とかを見ておくのが対策になると言われていたのですが本当にその通りで頭が上がりません。あとめっちゃ抽象的な話だから行列の掛け算とかなんか適当に具体例を想像しながら内容理解するといいよってアドバイスをもらったのもめっちゃよかった。
  • アキテク1:再履。演習問題の解答をひたすら覚えるのみでありました。一発合格の知らせをもらったのでありがたいです。
  • パターン認識:演習問題が普通に難しかったし数学の授業じゃないのに数学の話がいっぱい出てくるし、自分の数学の素養の足りなさを実感してました。演習問題とテストが似てたのかすらよくわからなかった。
  • 情報システム:持ち込みしたいよう~~~ってなりましたが過去問を解いたり資料の式を覚えたりしたら何とかなったような気分です。
  • ソフトウェア工学:過去問を解いたらなんとかなりました。ほとんど同じだったし…でも来年から先生が変わるみたいなので過去問使えなくなるんですね
  • 計算と論理:むちゃくちゃ細かい字でカンペを書いたのですが理解が足りなくてダメだったところがいくつか。と思ったけどあとから落ち着いて救済レポートとして解き直してたら、時間をかければできるなあという感じで複雑な気持ちになりました。

力不足な感じは否めませんががんばったと信じたいです。下の学年は必修科目が減ってるらしいのはうらやましいなあ。